秋田大仙支店 “秋田”で最も予約の取れないエクステリア&外構工事専門

大仙支店・店長の高橋です。

「エクステリア??」「外構工事???」

という方も多いでしょう。

「ガーデニング」とも違うし、「塀工事」というのもやはりちょっと違います。

正式な定義はさておき、分かりやすく一言でいえば、 「敷地全体をトータルでコーディネートする工事」を「エクステリア工事」と呼んでいます。

論より証拠、こちらのホームページの施工例を見てもらうと一目瞭然です。

門を作るだけ、カーポートを建てるだけ、というのももちろん「エクステリア工事」の一部です。

しかし、私たちが他のお店と決定的に違うのは、
たとえ一部分だけの工事を行うとしても、まずは「全体のデザイン」を考える
という点です。

特に新築時には、必ずお庭周りの工事が必要になってきます。

クルマを停める場所、歩く場所、敷地を明示するブロックやフェンス、門やポストの位置など、
生活する上で必要なものを、入居に合わせて造るのが一般的です。

しかし、この瞬間が最も危険です。

なぜなら、私たちが行うエクステリアのリフォーム工事の大半が、

新築時の最初の工事で失敗してしまった方からの依頼だからです。

では、何を指して「失敗」と言うのでしょう?

■ 使いにくい。
■ 家のデザインと庭のデザインがちぐはぐ。
■ カッコ悪い・・。
■ 家の中が丸見え。
■ 庭が雑草だらけ。
■ 年々庭が汚くなっていく・・。
■ ウッドデッキが腐った・・。

入居後すぐにはなかなか気付きませんが、

近所や隣でちゃんと考えられたエクステリア工事が行われた時に気付かされるのです。

「・・・失敗した・・。」

と。


最低限の内容でも、新築のときに行うエクステリア工事にかかる費用はかなり大きな金額です。

もし失敗してしまうと、作り直す費用に加えて、現状のものを「壊す」費用も必要になります。

しかし、壊してまで作り直すというのはなかなか実現しにくいもの。

結局、使いにくくてデザインもチグハグな住まいにかなり長い間
住み続けることになってしまいます。


こういう事態を防ぐには、何よりも「正しい情報集め」が欠かせません。

□ いつ、何を検討すればいいのか?
□ 費用と内容のバランスを取るにはどうしたらいいのか?
□ 誰に相談したらいいのか?

入居が迫ってから慌てて工事することのないよう、早めに動いておいて損はありません。


特に雪の深いこの地域では、除雪や積雪への対応を考えたエクステリアを作る必要があります。

融雪システムやガレージ・カーポートなどの「雪対策」アイテムをうまく組み合わせ、

ストレスのない、使いやすいエクステリアの必要性をみなさん痛感していることでしょう。

相談する相手、相談するタイミング、相談する手順さえ間違わなければ、コストとデザインが両立した、あなたの想像を上回るエクステリアを作ることは可能です。

まずはこちらの無料冊子で、「正しいエクステリア工事の進め方」をご確認下さい。

店舗案内・施工可能エリア 秋田大仙支店

所在地 〒010-0802 秋田県秋田市外旭川字梶ノ目511-2
責任者(店長) 佐藤 高輝
電話番号 0120-690-695
FAX 020-4665-4109
E-mail info@yu-kikobo.com
施工可能エリア
秋田大仙支店地図

【施工可能地域】大仙市・横手市・湯沢市・美郷町・仙北市・羽後町

  • 施工可能エリア
  • 要相談地域

スタッフ紹介 秋田大仙支店

ガーデンコンサルタント

佐藤 高輝 (さとうこうき)

生年月日 昭和60年9月15日
出身 秋田県秋田市
血液型 A型
家族構成
紹介文を読む